キャッシングをしようか悩む人たちへ

キャッシング、悪く言えば「借金」響きは良くないし、お金を借りればそれだけ負担が回ってくるわけですから出来るだけあまり借りたくないものです。

ですが本当にお金が必要となったとき。

・その時たまたま貯金がなくて困っていた。

・突然の身内の事故や病気で、保険に加入していなくてお金が必要になってしまった。

などといろんな理由があると思います。

本当にお金が必要になったときは親戚やお友達に借りることも手ですが、そうなると信用に関わることもしばしば。

世の中お金がなければそう甘く見てくれる世界ではありませんので、そういう時は必要に応じてキャッシングをしてもいいのではないかと思います。

私は9月に父親が病に倒れ入院し、自営業で保険も加入していないという最悪の状況でした。

たまたまキャッシングができる条件に当てはまっていたので手術代やその他入院費をその場ですぐに払うことができました。

本当にそのときは救われたなと実感し、当然毎月期限内に返済しています。

ですがキャッシングはあくまで「借金」借りたお金はきちんと期限内に返さなければなりません。

相手は優しく対応してくれますが、一度信用がなくなってしまうとブラックリストに入り、二度とお金を借りられません。

キャッシングに対して悪いイメージを持つのは、やみくもに多額の金額を借りては期限内に返済が出来ていない、ということではないでしょうか?恩恵を受けるということは、それ相応にきちんと返していかなければなりません。

ちゃんと期日を守って返済していれば悪いイメージがつくことはないので、必要になったときは少し甘えてみることも大切かなと考えています。



このページの先頭へ