どこも貸してくれないとお嘆きのあなた、諦めるのはまだ早いです。

お金を貸してくれるのは、大手消費者金融や銀行カードローンに限りません。他にも中小の貸金業者はたくさんあります。しかし、中小の業者はちゃんとしているのか、ヤミ金じゃないのかといろいろと不安もあると思います。ここでは、そんな中小の貸金業者の中でも安心して借りられる業者を探してくれる「お金の相談窓口」をご紹介します。

お金の相談は友人にもはなかなか相談しにくいことです。 まずはお金のプロに相談してみてください。

他社で断られた方、ご相談ください!
借り入れ件数が多くどこからも借りれない方や他社で断られた方、どのくらい借りれるか、そもそも借りれるのか、、、そんな方の悩みを解決します。相談は無料
大手で断られた方の相談窓口
大手金融会社で融資の審査に落ちた方に無料で借りれる業者紹介する窓口です。申込フォームに記入すると電話連絡がありますのであなたの現状を詳しく説明してください。借りれる業者を紹介してくれます。なお、紹介手数料はかからず完全無料です。
借り入れ実績抜群!
融資の相談窓口です。あなたにピッタリの業者に一括申込できるから借りれる業者がきっと見つかります。相談・診断は無料。一社ずつ申し込む手間が省けます。


お悩み解決し隊!

融資成功率98%
金融会社ではありません。あなたにピッタリの業者さんを紹介します。審査は業者によりいろいろ。自分に貸してくれる業者を見つけるのは結構手間がかかります。そこで無料一括診断サービスが便利。紹介詐欺にひっかかるリスクも無くなります。

キャッシングの窓口

キャッシング会社って多くて面倒
キャッシングの会社ってたくさんあって自分が借りられる業者を探すのは意外と大変。そこで、一括診断サイトが便利です。もう1社ずつ身分証明書のコピーを送らなくていいんです。一括診断はもちろん無料!

匿名審査のプロ集団

匿名でブラックでも借りれる会社をマッチング!
もうどこも貸してくれない。でも、安易に申し込みをすると個人情報の流出が心配。そんな心配性なあなたの為に、ブラック対応の会社に精通した「5人のプロ集団」が匿名で複数の業者の中からピッタリの業者を紹介、何社も申し込む手間も省けます。

ジョニーの匿名審査

匿名で借りられる業者を紹介!
ブラック、どこも断られたという人向け。無名の中小の金融業者のウェブに個人情報を入力するのは抵抗あるはず。ジョニーは、匿名情報だけで借りられそうな業者を紹介してくれます。複数の業者からピッタリの業者を見つけてくれるから、何社も申し込む手間も省けます。

多重債務者貸金組合

多重債務者の為の融資相談組合
多重債務者、ブラック、自己破産、金融事故、総量規制など、通常お金を借りられないと諦めている人にも貸してくれそうな審査の甘い業者を紹介する債務者の為の救済組合です。登録業者50社以上!業者は厳正な審査の元、過去に違法取り立てを行った業者や詐欺業社などは全て排除しています。融資確率の実績は99%、申し込み1回で約50社の審査を一括で受けられます。申し込みはウェブから。確認の電話(携帯電話)があるので必ず出てください。

どこも貸してくれない原因は?

どこも貸してくれないという方は、テレビCMをやっているような大手消費者金融や銀行カードローンに申し込んでいるんだと思います。しかし、そういう大手の貸金業者は審査がどこもだいたい一緒で厳しいのが特徴です。安心して貸せる相手にしか貸さないのです。

無職でもないのに貸してくれないというのは、何らかの原因が必ずあるはずです。過去に次のようなことが思い当たらないか思い出してみれください。

過去に借金返済を延滞した

過去に借りた借金を3ヶ月以上も延滞したことのある人は、しばらくお金を借りることあできません。過去に延滞したのが他社であってもです。言わなければ分からないだろうと考えるのは甘いです。貸金業者は個人信用情報という情報機関を通して他社の融資の申し込み、残債、延滞の状況を調べることができるのです。だから申し込んだときにそういう情報を調べて「延滞」があるとその時点で審査はおりません。延滞していてもその後返済していれば貸してくれる業者もあるようですが、それがつい最近の出来事の場合は難しいでしょう。なぜなら延滞したという事実は半年から数年は個人信用情報に残ってしまうからです。

クレジットカードの未払い

最近はクレジットカードを簡単に作れますが、つい使いすぎて支払い時に銀行の残高不足で延滞となってしまうケースがあります。借金ではありませんがクレジットカードの延滞も個人信用情報に記録されますから、お金を借りるときの審査にも影響してきます。

携帯電話の未払い

意外と知られていないのがこれです。携帯電話代はコンビニ払いにしている人も多いようですが、うっかり支払日を過ぎて督促が来たなんて経験のある人は結構いると思います。しかし、それも繰り返しやっていると個人信用情報に記録されてしまいます。お金を借りていないのにどうして?と思うかもしれませんが、実は携帯電話の契約も立派なローンになっていることがあるのです。それは、携帯電話本体を分割で買う場合です。携帯電話は分割で買っても利息が付かず、また2年縛りの契約をすると月々割り(ドコモの場合)が適用になって毎月端末代を補填するくらいの金額が割り引きされます。それを「実質端末代が無料」と言って売っているのです。買う方も何万円もする端末が実質0円ならと2年契約と分割払いにする人がほとんんどです。しかし、その分割払いは立派なローンとして個人信用情報に記録されるのです。逆に何かのローンで延滞していると携帯電話の分割払いも拒否されることもあります。だから、携帯電話代くらい電気や水道と同じ程度で安易に支払いが遅れがちな人は要注意です。

思い当たらなければ個人信用情報を照会してみよう

ここまで何度か出てきた「個人信用情報」ですが、実は何社かあって、貸金業者や銀行はどこかしらの情報を参照しています。複数の情報期間を参照していることもあります。

個人信用情報機関で代表的な会社は次の通りです。

  1. CIC((株)シー・アイ・シー) http://www.cic.co.jp 主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。

  2. 全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/ 銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人信用情報機関

  3. JICC((株)日本信用情報機関)http://www.jicc.co.jp 貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などの個人信用情報機関

自分の個人情報は照会を申し込めば開示してくれますので、気になる人は一度照会をかけてみるといいと思います。また、ローンの審査に落ちる要因が思い当たらない人も一度照会して調べてみるといいと思います。希にですが、間違った情報が登録されていることもあるので、そういう場合は訂正や削除の要請をする必要があります。

ヤミ金には手を出すな

ヤミ金ってよく聞くと思いますがヤミ金には絶対に手を出してはいけません。ヤミ金では10日で5割など法外な利息をとることがあります。また、お金を貸すより先にお金を払わせるような業者もいます。これは詐欺です。でも、お金がなくて困っている状況で、しかも急いでいたりすると、どこも貸してくれないとなったら高い金利でも借りてしまう人もいるようです。高い金利では先々返せなくなることは目に見えているのですが、窮地に追い込まれているとそういうことも見えなくなってしまい思わず借りてしまうのだと思います。

それに、ヤミ金かどうかは判断が難しい場合もあります。映画のように怖い人がやっていればすぐ分かりますが、最近のヤミ金は普通の誠実そうなスーツをした人が窓口をやっていたりするので、いい人に見えてしまうようです。


このページの先頭へ